岐阜県郡上市社会福祉協議会

トップページ郡上の出来事 → 2013年

← 2012年へ
郡上の出来事 2013年


【明宝】郡上市から復興支援を
平成25年2月23日(2013年)
  • 2月23日(土)に行われた明宝福祉のつどいの活動の一つとして、岩手県遠野市にある「遠野まごころネット」が復興支援活動として行っている「被災地にサンタが100人やってきた」プロジェクト(クリスマスに被災地の方々にプレゼントを届ける活動)のために、地域住民の皆さまに募金を呼びかけました。当日は、61,040円の募金が集まり、遠野まごころネットへ寄付させていただきました。

    遠野まごころネットからお礼の手紙をいただき、皆様の温かいお気持ちに大変感謝されてみえました。
     遠野まごころネットの活動は引き続き行われています。ご支援いただける方、詳しく活動を知りたい方は、インターネットで「遠野まごころネット」と検索してみてください。

【市内】郡上市から復興支援を
平成25年3月23日(2013年)
  • 郡上市社会福祉協議会では、地域の皆さまの「福祉力(自ら課題を解決する力)」を高める活動を今年度も支援していきます。

    3月23日(土)、郡上市役所大和庁舎にて、ボランティア活動をしている方や関心のある方を対象に、ボランティアの理念と役割を確認し、情報交換やつながりづくりの場として「ボランティア交流会」を開催しました。 交流会の参加の皆さんからは「他の活動を知ることができた」「横のつながりの大切さを感じた」などの感想も聞かれ、今回をきっかけに小さい単位での活動から大きな単位での活動へつながっていけばと思います。 (郡上市では、平成25年3月末現在、97団体、1,918人の方が登録し、ボランティア活動を行っています。)
 
【市内】のどと社会を潤す 募金ができる自動販売機!
平成25年7月1日(2013年)
  • 岐阜県共同募金会では、自動販売機での清涼飲料水購入による募金活動を行っています。
    今回、6月より八幡町小野の障がい福祉サービス事業所ウイングハウスに設置することとなりました。市内には、りあらいず和スマイルドーナッツ(八幡町初納)、ぶなの木福祉会(白鳥町白鳥、大和町大間見)に設置されています。
     この自動販売機は、売上の一部が岐阜県共同募金会に寄付され、福祉活動のために役立てられる仕組みになっています。また、自販機の設置者にも売上に応じて販売手数料が払われています。
     お近くにお寄りの際は、ぜひ購入による募金をお願いします。また企業や事業所での社会貢献活動をご検討したい方はご連絡ください。
 
【市内】移動販売で地域に笑顔を☆
平成25年8月1日(2013年)
  • ぶなの木学園共働社では、平成23年8月から、パン、ぼかしなどの自主製品とともに、地域の皆さんの声に応え、食品、日用品なども商品に加えながら移動販売を行っています。現在は、週に火曜日(大和町大間見地区・小間見地区)と木曜日(白鳥町干田野地区・前谷地区)を周っています。
     販売スタッフの一人である利用者さんは、名前や毎回買う物を覚え品揃えを工夫するなど、地域の皆さんのことを考え、いきいきと仕事をしています。
     皆さんからは「自分では買い物に行けないので本当に助かっている」「見て買いたいのでうれしい」などの声が聞かれました。
     移動販売は、買い物が不便な高齢者の支援のひとつとして、地域にとってなくてはならない活動になっており、今後も続けていきたいとのことです。
 
【八幡】地域のことを考え、学習!
平成25年9月28日(2013年)
  • 9月28日(土)、西乙原公民館にて福祉委員が主となり自治会の協力を得て「福祉講習会」を行いました。
     今年度は、地域での要介護者が増加していることから、家庭で介護を行えるようにするために、認知症の理解や、高齢者施設の紹介について、34名の皆さまが郡上市地域包括支援センターや郡上市社協八幡明宝介護相談センター職員より説明を受けました。
      今回参加した方が、家族に伝え、地域に広めることで、認知症の方が住み慣れた地域で安心して長く暮らし続けられる地域づくりにつながるのではないかと思います。
     今後も、郡上市社協では、福祉委員の方や地域などでの自主的な研修会の開催にあたり、内容や実施についてご支援いたしますので、お気軽にご相談ください。
 
【市内】芸術の秋 県知事賞受賞!
平成25年10月10日(2013年)
  • 郡上市社協の障がい福祉サービス事業所では、通常の作業だけでなく、絵画や音楽や書道などの創作活動を取り入れています。
      今回、岐阜福祉フェアにてウイングハウスの遠藤慎一さんが、岐阜県知事賞を受賞しました。作品は、現在郡上市役所ロビーにて展示してありますので、お立ち寄りの際には、ぜひご覧ください。
     また、美濃市主催の全国和紙画展に10年前から出展している「ぽぷらの家」の明松冷子さんと蓑島千恵さん、今年度出展した「ウイングハウス」の利用者の皆さんで作った作品が入選しました。
 
【白鳥】交通遺児のために!
平成25年10月31日(2013年)
  • 10月31日(木)、濃飛西濃運輸白鳥営業所白鳥分会様より交通遺児支援のためにと、多額のご寄付を郡上市社会福祉協議会にいただきました。
     このご寄付は、運送事業に携わる者は、交通法規の遵守は言うまでもなく、公道を利用させていただいているという観点から、「郷飛躍互助縁(ごひやくごじょえん)」という名目で、分会員62名の方々が毎月給与から積立てを行い、今年で18回目となりました。
      郡上市社会福祉協議会では、このご寄付などを活用し、交通遺児支援のために、年に一度5月頃に交通事故で親等を失った遺児に対して「激励金」及び修学旅行実施学年時には「修学旅行資金」をお渡ししています。
 
【明宝】昔にタイムスリップ!
平成25年10月31日(2013年)
  • 10月31日(木)、明宝デイ利用者5名が、明宝歴史民俗資料館を訪れました。この資料館には、国の重要有形民俗文化財を含む約47,000点が収蔵されており、皆さん、目を輝かせながら、道具の使い方や思い出話に花を咲かせてみえました。
      思い出話は、回想法として認知症予防にもつながっていきますので、地域の歴史民族資料館を訪れるのもいいですね。