岐阜県郡上市社会福祉協議会

トップページ郡上の出来事 → 2009年4月〜6月

2009年1月〜3月へ
郡上の出来事 2009年4月〜6月


【高鷲】高鷲中とのコラボ企画
平成21年4月6日(2009年)
  • 高鷲中学校1年生の皆さんが、総合学習の中で、「ぽぷらの家の支援を」と、喫茶店の看板のペンキ塗りや建物の周りの掃除などを行いました。
     その中で、新商品のアイデアを提案し、ぽぷらの家で商品として売り出せるように研究し、この春いよいよ店頭にならびました。
     商品名は、「お抹茶玉」です そして、第2弾として、郡上みそクッキーを予定しています。
     今後もおいしいクッキーを作るため、地域の皆さんのアイデアを募集しています。

【市内】春到来!桜満開!
平成21年4月6日(2009年)
  • 晴天に恵まれ、今年初の夏日を記録した4月6日からの一週間は桜が満開となり、多くのデイサービスセンターや特別養護老人ホームなどでは花見や買い物が企画されました。市内では利用者のみなさんが地域の公園や店に出かけ、お茶や買い物を楽しまれている姿が多く見られました。
    郡上市の65歳以上の人口は14,382人で、総人口に占める割合は30.1%です。65歳以上の方で介護保険サービスを利用されている方の割合は11.7%で、1,684人の方が何らかのサービスを利用しています。(※平成20年度調べ)
    介護保険サービスは一人ひとりができる限り住みなれた地域で生活を継続するためのサービスです。サービスを利用することは特別なことではありません。
    利用者も地域住民の一人です。施設も地域の一部として、身近な存在でなければならないですし、私たちも地域住民の一人として、同様に接していくことが必要ではないでしょうか?

【八幡】点訳ボランティア養成講座
平成21年4月25日(2009年)
  • 昨年度の修了生がワンランクアップを目指し、点訳ボランティア養成講座に取り組んでいます。
    初回となった4月25日は、八幡地域に住む視覚障がい者の方々と約1時間の交流を行い、自己紹介や日常生活について話し合いなどを行いました。目が不自由な生活の中で、記録として残る点字の重要性などが話されました。話を受けて、
    受講生は、これから点字を打つ際には、読む人のことを考え、読みやすい工夫を心がけていくことの大切さを知ることができました。
     現在、郡上市には視覚障がい者の方が178人暮らしてみえます。

【高鷲】春祭り開催(ぽぷらの家)
平成21年4月29日(2009年)
  • 4月29日、高鷲福祉交流センターにて、ぽぷらの家と地域の方との交流を目的に、春祭りを開催しました。
    当日は、地元の方や学生のボランティアなどの協力のもと、ピペファート(音楽グループ)のミニライブ、明宝そばの実演、紙芝居など、様々な催し物が行われました。
    年々、参加者が増え、地域の交流の場となっています。

【白鳥】風船がもたらしたつながりの輪
平成21年5月1日(2009年)
  • 4月に白鳥・北部・東部デイサービスセンターとぶなの木学園の利用者さんがそれぞれの願いを込めたメッセージ入りの風船を飛ばしました。
    なんと!その風船が群馬県甘楽郡甘楽町まで飛んで行き、拾ってくださった方より、メッセージに対してのお返事と地元の観光パンフレットをいただきました。
     利用者さんは、返事が来たことに驚き、自分達のメッセージが伝わった事を喜んでみえました。今後は、つながりを深め全国に交流の輪を広げたいと考えています。
【美並】第19回 がらくた市開催
平成21年5月17日(2009年)
  • 5月17日、地域との交流を通じて児童福祉への理解を広げることを目的に、第19回「がらくた市」が開催されました。
    当日は、あいにくの雨でしたが、ミニ動物園やダンスショー、各種バザー、陶器市など、多くのイベントが行われ、大勢の参加者で賑わいました。
    また、準備から当日の手伝いまで、多くのボランティアの協力があり、施設と地域住民が一体となり、相互理解と協働の場になりました。(来場者約500人)

【大和】福祉委員の皆さんが大活躍
平成21年6月5日(2009年)
  • 大和町で行われる「ふれあい・いきいきサロン」の多くは、福祉委員の皆さんが運営に携わっています。
    「ふれあい・いきいきサロン」には、「地域の見守りやつながりづくり」・「健康増進」・「介護予防」・「情報交換」など、さまざまな効果が期待されており、「見つける」・「知らせる」・「広める」・「つながる」という4つの福祉委員の役割の大部分を満たすことができ、福祉委員の活動の一つとして取り入れられています。
    この写真は、万場地区福祉委員連絡会が行ったサロンです。この日は、福祉委員さんの手作りモーニングセットを楽しんだ後、栄養士さんによる笑いを交えたお口の運動と、わかりやすい食生活のお話しがあり、「笑い」・「つながり」・「学び」の場となっていました。

【市内】盲導犬サーブ チャリティゴルフ大会
平成21年6月6日(2009年)
  • 第9回盲導犬サーブチャリティゴルフ大会が、郡上市高鷲町のデイリー郡上カントリー倶楽部で開催され、募金20万5070円が中部盲導犬協会に贈られました。
    この事業は、郡上市美並町で飼い主を助け左前足を失った盲導犬サーブの顕彰と、盲導犬育成を支援する目的で開いています。
    盲導犬を育成するためには、1頭約300万円の費用がかかります。その育成費用の90%程度が寄付等でまかなわれているのが現状です。

【県内】運動会でつながりづくり1
平成21年6月26日(2009年)
  • 6月26日に、郡上市総合スポーツセンターにおいて、障がい者の社会参加と事業所間の交流を目的に、中濃・飛騨の6つの障がい福祉事業所が集まり、岐阜県障がい福祉サービス事業所連絡会中濃・飛騨ブロック北部交流運動会が行われました。
    今回は、八幡小学校6年生や地域のボランティアなど、大勢の方の参加と協力をいただき、大玉転がしやパン食い競争などを行い、参加者の皆さんは必死になりながらも会場にはたくさんの笑顔がありました。
    最後には、郡上踊りを全員で輪になって踊り、さまざまな形で交流することができました。

【白鳥】運動会でつながりづくり2
平成21年6月30日(2009年)
  • 6月30日に、ぶなの木学園と白鳥デイサービスセンターの交流運動会が行われました。
     運動会は風船割りや玉入れの他、障がい物競争ではデイサービスの利用者の皆さんを車いすに乗せて、ぶなの木学園の利用者の皆さんが後押しをするなど、お互いに照れながらも笑顔で取り組んでいました。
    前回行った風船飛ばしに続いて2回目の交流会であり、障がい者と高齢者とのふれあいの機会となりました。

【高鷲】昔を思い出そう!
平成21年6月11日(2009年)
  • 高鷲町で行われているサロンは、ボランティアや福祉委員の皆さんが中心となっているサロンと、高齢者、障がい児の親子、乳幼児の親子の方が中心となっているサロンがあります。
     ひるがの地区の「みずばしょう会」では、高齢者の方が中心となり、お手玉やおはじきなどで遊びながら、子供の頃の思い出を語り合い、楽しい一時を過ごしています。
     昔の道具を使い、思い出を語り合うことは、回想法という認知症予防の手法の一つです。サロンは、認知症予防の場にもなります。

【高鷲】デイサービスを彩る季節の花
平成21年6月30日(2009年)
  • 高鷲デイサービスセンターでは毎年春から秋にかけて、地域の皆さんから季節のお花を頂いています。色とりどりのお花はデイサービスの中を華やかにし、利用者のみなさんの心を和ませてくれます。
    また、頂いた花はただ飾るだけでなく、利用者の皆さんと一緒に、会話を弾ませながら花瓶に生けています。
    これから秋にかけて、たくさんの季節の花がますますデイサービスを華やかに彩ってくれることでしょう。