岐阜県郡上市社会福祉協議会

トップページ郡上の出来事 → 2008年1月〜3月

2007年10月〜12月へ
郡上の出来事 2008年1月〜3月


【白鳥】白鳥小学校3年生会
平成20年1月18日〜19日(2008年)
  • 1月18日19日の2日間に白鳥小学校3年生の児童がやすらぎ苑を利用される皆さんと交流を行いました。小学校の「仲良し祭り」の行事の中で自分たちで考えた手作りの輪投げやかるた、さかな釣りなど色々と工夫したゲームが行われました。
     点数制のゲームでは「表彰状」を準備され、利用される皆さんは満面の笑みを浮かべ喜ばれ、元気で大きな声の呼びかけにたくさんのパワーをもらいました。最後に「これからも交流を続けましょう」と約束しました。

【市内】郡上特別支援学校 もちつき大会
平成20年1月19日(2007年)
  • 郡上特別支援学校で、1月19日、新年を祝うとともに、学校と地域の皆さんがふれあう場として、「もちつき大会」が開催されました。
     地域の皆さんの協力により、昔ながらの杵臼で生徒の皆さんが交代しながら餅をつきました。参加者は、きな粉やあんこなどの味をつけたもちと地域の皆さんが持ち寄られた自慢の漬け物、じんだ汁などに舌鼓を打ちました。また、もちつきのあとで郡上高等学校のボランティア「WAT(ワット)」の皆さんによるゲームも行われ、みんなで楽しく美味しいひとときを過ごしました。

【和良】 和良女性の会講演会
平成20年1月26日(2008年)
  • 和良女性の会が、1月26日、和良町民センターにて「私たちの健康づくりについて」と題して講演会を開催しました。
     講師に和良診療所の後藤忠雄先生を招き、和良女性の会会員や和良シニアクラブの会員らなど約50名が参加しました。健康づくりに必要な食事や運動、生きがいを持つことやストレスをためないことの大切さなど、健康を保つアドバイスも提案され、会員からは「健康について考えるよい機会になった」との声が聞かれました。また、和良女性の会の活動として、去年の秋に開かれた鮎まつりのバザー売上金が、社会福祉協議会に寄付されたことが報告されました。

【高鷲】岐阜養護学校と北濃小学校の交流
平成20年2月1日(2008年)
  • 大和町の母袋スキー場で2月1日、岐阜市にある岐阜養護学校による雪の教室が行われ、白鳥町北濃小学校4年生と「そり滑り」で交流を深めました。
     この教室では、岐阜養護学校の児童に、雪の感触や冬の季節感を感じてもらうともに、雪の多い地元児童との交流を深めることを目的に、毎年開催されています。養護学校の児童と北濃小の児童が一緒に乗って、そり滑りを楽しみました。滑り方の指導などに大和町の中剣ボランティアクラブ会員が協力され、寒い日にもかかわらずみんなの笑い声があふれ、心あたたまる雪の教室となりました。

【美並】救急車到着までにできること
平成20年2月19日(2008年)
  • 2月19日、美並健康福祉センターさつき苑にて職員を対象に心肺蘇生法とAED(自動体外式除細動器)使用方法の研修を行いました。
     郡上市中消防署南出張所職員の「倒れてから2分間の対応が決め手である」とのお話しに、改めて迅速な心肺蘇生法の大切さを知り、参加した職員は実践に向けて力が入りました。身近なところでいつ起こるかわからない緊急事態に落ち着いて対応するには、定期的に研修を受け体で覚える事が大切だと痛感しました。

【和良】こころふれあい 交流会
平成20年2月21日(2008年)
  • 和良介護老人保健施設へ、和良保育園の園児らによる歌と踊りの特別講演が届けられました。
     この素敵なプレゼントは、先に開催された保育園の発表会の出し物が再現されたもので、かわいい衣装を着た年長児のオペレッタや、年中・年少児による元気いっぱいの踊りが披露されると、会場のお年寄りからは、「かわいらしいな」「じょうずやな」と惜しみない拍手が送られました。また、施設を利用される皆さんから園児に、かわいらしい手作りの人形がプレゼントされました。

【明宝】笑顔あふれ穏やかな交流会
平成20年2月22日(2008年)
  • 2月22日、明宝小学校4年生の児童の皆さんと明宝デイサービスを利用される皆さんとの交流会を行いました。
     日頃から学校で練習している歌やリコーダーの発表に、デイサービスを利用される皆さんは、ほほえみながら聞き入っていました。また、グループに分かれての手作りのゲームや紙芝居もあり、とても充実した時間をあっというまに過ごしました。子どもたちから肩たたきを受けて、利用される皆さんの顔も笑顔になり、とても和らいでいました。

【市内】福祉推進校・協力校研修会
平成20年3月14日(2008年)
  • 3月14日、大和地域振興事務所において、第2回福祉推進校・協力校担当教諭研修会を行いました。
     今回は、平成19年度の活動の振り返りと、平成20年度に向けての情報交換を目的に、郡南中学校と相生小学校の取り組みを担当の先生方から発表していただきました。どちらの児童・生徒も、当事者体験や交流から「共に地域に暮らす人である」ことや、「相手の立場に立って考える」ことを学習し、理解を深め、募金などの活動が行われていました。人と人とが支え合う郡上市を目指して、社会福祉協議会は、学校の授業や活動についても、支援していきます。

【白鳥】福祉推進校・協力校研修会
平成20年3月21日(2008年)
  • 3月21日白鳥デイサービスと東部デイサービスの利用者さんが郡上市合併記念公園市民総合運動広場よりそれぞれの願いを込めたメッセージ入りの風船を飛ばしました。
     なんと!その風船が三重県津市まで飛んで行き、3月24日に拾ってくださった方よりお手紙が届きました。利用者さんの“皆んな健康で”のメッセージを受け取り「幸せの風船を届けてくれた空にお礼をいいました。」との事でした利用者さんも、返事が来たことに驚きと、自分達のメッセージが人を元気づけられた事に感動をしてみえました。