社協の活動
トップページ特集 → 福祉委員活動

シリーズ地区社協3
 

地域の福祉課題を考え、解決するための地区社協づくり

 
  • 郡上市社協では、「自分たちの地域は、自分たちで守り、育てる。行政(公助)でなく、個人(自助)でもない、連携(共助)」を実現するために、地区社協を推進しています。
     地域の課題を地域にあった形で解決するために「話し合い」、「活動」を行います。
 
  • 第2回会議を開催された各地域の状況をご報告します。
    今回は、地区社協の具体的な構成委員などについて、話し合いが行われています
 
高鷲地域(8月28日開催)
 
  • 社協役員(理事、評議員)、自治会代表、シニアクラブ代表、身障協会代表を中心にスタートし、必要に応じて関係者に参加してもらう。
 
明宝地域(9月9日開催)
 
  • 毎月1回、理事・評議員、積立金検討委員会のメンバーにて、話し合いや学習会をして、方向性や構成委員を検討していく。
 
大和地域(9月12日開催)
 
  • 今回の会議で検討したもので、自治会長会や民生委員会定例会にて説明をし、協力に対する理解を得て、決定していく。
 
美並地域(9月18日開催)
 
  • 社協役員(理事・評議員)にて構成委員を検討していく。
 
今後も、地区社協に関する情報を皆さまにお伝えしていきます。