社協からのお知らせ
トップページ社協からのお知らせ → 認識度調査から

認識度調査から

  • 過日、自治会長等を対象(156人回答)に社協活動の認識度調査を実施し、その中の自由記述の質問として地域の生活課題を問う項目を設けました。69人の方が記述されており。その中の46件が高齢者(1人暮らし高齢者)に係わる、日常生活の不安でした。地域生活の実感としても少子高齢化の波が確実に押し寄せています。地域の人同士が支え合う地域福祉活動が大切になると考えられます。
     社協としましても、以前から地域に対し支部社協づくり(地域で支え合う組織づくり)、福祉委員制度、懇談会の実施や活動を提案しているところです。今後も地域づくりの支援を積極的に行っていきます。